戸建て

インターホンが寿命の前に壊れたら修理会社にお願いしよう

交換してもらう

工具を持つ女の人

水道や浴室の蛇口は古くなると水漏れの可能性が高くなります。蛇口からの水漏れがおきると、昼夜問わず水の滴る音に悩まされます。その音が気になって睡眠不足になることもあるでしょう。また、少しの量であっても余分に水が流れるため水道の料金にも響いてきます。それを防ぐために水道を修理しようとほとんどの人が考えるでしょう。使っている年数が浅い蛇口の場合はスムーズに修理が進むでしょう。しかし、問題は長く使い続けている蛇口です。一般的に蛇口の寿命は10年といわれています。このくらい長く使い続けている蛇口が壊れてしまった場合、修理で困るのがその蛇口の部品を探すことです。10年もたつとすでに製造を中止していることもあり、部品がなかなか手に入らないのです。ときには製造していた会社がなくなっていて部品の交換ができないということもあります。これでは修理をすることはできません。また、例え部品が見つかって修理できたとしても、長い間使っている蛇口はいろいろなところが壊れ易くなっています。そのため、修理したあとも水漏れが続くというトラブルが起きることもあるのです。したがって、長く使っている蛇口が水漏れした場合は修理ではなく交換したほうがいいといえます。修理の場合は部品の代金や修理で20000円以上かかることも少なくありません。新品へ交換する場合の代金もその額とあまり変わりありません。それなら新しい物と交換したほうがすぐに故障する心配もなく安心して使えます。また、新しい物にすることでいろいろな機能がつき使い勝手がよくなります。